(転載)お陰様で達成率40%を超えました! | 【伝統×創造】日本食文化を世界に

お陰様で達成率40%を超えました!

2016年10月にReady forにて、クラウドファンディングのプロジェクトを行った際に記載した内容の転載です。

 

みなさま、おはようございます。

 

この度は、プロジェクト  

「【伝統×創造】日本食文化を世界に発信するサイトを構築したい!」 にご支援を頂き、またはご興味を持って頂きありがとうございます。

 

昨日、達成率30%を超えました!とご報告させて頂いたばかりですが、お陰様で本日めでたく40%を超えました。ご支援頂きありがとうございます。

 

さて、本日はこちらの写真を。

Assaku_ki

こちら、何だと思いますか?

 

ある醤油工場の傍らに今はひっそりと鳴りをひそめておりましたが、昔はきっと大活躍していたであろうお醤油の製造工程には欠かせない道具の1つです。いえ、もしかしたら今での現役かもしれませんが…。

 

先日、私のFacebookにこの写真を投稿したところ、様々なご意見を頂きました。「船搾り」「絞り機」と、さすが食品業界の方と言わんばかりの素早いリアクションを頂きました。

 

こちら頂いたコメントの通り「圧搾機(あっさくき)」です。業界用語では木枠の事を“槽(ふね)”と呼び、圧搾作業を“揚槽(あげふね)”と言うそうです。さて、では何を圧搾するのでしょうか?こちらの正解はまた後日という事で!

 

食品の製造は昔ながらの製法を引き継ぐことも重要です。然しながらその製法の中には大変な労力を必要とするものもあります。技術の進歩によって食品製造に携わる方達の労力は昔に比べると少しは改善されてきています。然しながら、その食に対する想いの全てを機械に任せることは出来ません。利用できる事と任せられる事は違いますよね。

 

そんなお話も、工場見学の時にはいろいろと披露出来ればと考えています。随時、決まり次第ご報告して参りますので楽しみにしていて下さいね。

 

引き続き、Facebookやtwitterなどで、このプロジェクトの情報を拡散にご協力頂ければ幸いです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

「つなぐ心、ひろがる笑顔」

株式会社Smile Link Partners

新保 正