(転載)阿櫻酒造様 | 【伝統×創造】日本食文化を世界に発信するサイトを構築したい

パートナー企業様ご紹介:阿櫻酒造様

2016年10月にReady forにて、クラウドファンディングのプロジェクトを行った際に記載した内容の転載です。

 

プロジェクト 「【伝統×創造】日本食文化を世界に発信するサイトを構築したい!」 にご支援を頂き、またはご興味を持って頂きありがとうございます。プロジェクトも残すところあと9日となりました。ラストスパート、引き続きよろしくお願い致します。

 

さて、WASHOKU CLIPのパートナー企業様のご紹介です。

阿櫻酒造 by SLP

創業130周年を迎えた秋田県横手市の阿櫻酒造株式会社様は、全国5大杜氏の一つ山内杜氏の手により秋田流長期低温醗酵といわれる秋田の気候風土を上手に利用した醸造方法を貫く酒蔵さんです。

阿櫻酒造02 by SLP

機械による大量生産では平均点を通過するように商品が製造されますが、ここ、阿櫻酒造様では麹と向き合いながら、杜氏による厳しいチェックを受け、通過したものだけが世に出すことを許されます。

阿櫻酒造03 by SLP

130年という歴史の中で酒米を削り続けていた精米機をはじめ多くの機材は年代物ですが、精米歩合によって洗米機を使い分け、時には、笊の中で人の手によって丁寧に洗米されます。

阿櫻酒造04 by SLP

使いこなれた機材を使い分け、原料を知り尽くした蔵人たちの手によって、独特の特徴がある繊細なお酒が醸されているのが阿櫻酒造様の特徴です。

阿櫻酒造05 by SLP

製造方法にも他では見られない独自の方法があり、麹は麹室で撒かずに米を蒸した後その場で合わせたり、麹蓋を使用していないこだわりの方法で麹造りをしたり、酒造蔵見学ファンにとっても興味深い酒造蔵さんであると思います。

 

現在は、シンガポールをはじめ数か国に輸出をしておりますが、上述の通り、造りにこだわり生産量を限定しているため、大きな量を動かすことが目的ではありません。

阿櫻酒造06 by SLP

多くの方に本物を味わって欲しいという想いと、現代のニーズに合わせて変化することが目的です。老舗がこだわり続けなければならない部分と、イノベーションしながら時代背景に合わせて変化する部分を兼ね備えた秋田の誇る酒蔵さんです。

 

阿櫻酒造様のWEBサイトはこちら

ご支援金額はようやく半分を超えました。クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、夢の実現のために支援を募る方法です。 「ALL or NOTHING」という仕組み上、目標額に1円でも到達しないと、0円になってしまい、それまで集まった支援金が受け取れなくなってしまいます。

 

プロジェクトを実現させる為には、まだまだ皆様方のご支援を必要としております。 また、引き続きFacebookやtwitterなどで、このプロジェクトの情報を拡散にご協力頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

食卓の笑顔をプロデュースする!

株式会社Smile Link Partners 代表取締役 新保正